開拓記

【開拓記#6】廃墟の解体|2020年の作業納め

草刈り

土地ですが夏の間ほったらかしになってました。

その間に草がボーボー。

草というか、すでに木になってます。

雑草の生命力すごい。

根っこも掘り返して車が入れるくらい綺麗にするつもりでしたが、

人力は余りにも大変なので途中で諦めました。。

来年ショベルカーでも借りてこよう。

廃墟の解体

母屋は物置場として、とりあえず残しておくことにしました。

それ以外の部分の解体を進めます。

ここはもともと板金工場だったみたいで、ほぼ崩れている工場部分を解体していきます。

加えて邪魔の木の伐採。

これだけ木が伸びているということは10年以上はほったらかしだったんだろうなぁ。

とにかくゴミゴミゴミ。

大量のゴミの処理に気が遠くなりかけながら、あらかた掃除。

 

残った大物。

どうやって解体するか、ずーっと考えていましたが

たまたま通りかかったリサイクル業を営む社長さんが

”おう、持ってってやるよ。”

ユニック車とガスバーナーでたった2時間くらいで綺麗さっぱり。

工具と重機の偉大さを噛み締めました。

ありがとうございます。

来年は!

今年は”ウッドフェンス”を作って、”廃墟の解体”を行いました。

2020年たったこれだけ!?

全然思ったところまで進んでない…。

まぁ、でも下地は出来上がったので来年はガンガンやれるでしょう。たぶん。

…その前に資金が尽きた!!